【第10回 約束手形】日商簿記3級を独学で身につけよう!

 

みなさまこんにちは〜!

 

本日は第12回目の独学簿記シリーズということで「約束手形」についてお話ししていきます。

 

前回の復習→学習→確認テストの順でいきますのでよろしくお願いします♪

 

簿記独学シリーズの記事を読んだことがない方はこちらをどうぞ!

もはや無料で簿記3級が学べちゃうなんてお得すぎ!

 

7月から開始!簿記3級を手軽に学べるシリーズ♪

使っているテキストは分かりやすいと評判のこちら!

それでは早速いきましょう〜!

 

前回の復習

まずは前回の復習から!

前回は小口現金を補給した時の仕訳方法を学びました!

会計係が小口現金を補給したとき

 

小口現金係の支払い報告に基づき、会計係が小口現金300円を小切手で補給した場合、小切手を振り出す=当座預金(資産)減少=貸方小口預金補給=資産増加=借方であるため仕訳は以下のようになる。

(小 口 現 金)300 (当 座 預 金)300

 

 

支払い報告と小口現金の補給が同時の場合

 

支払い報告と小口現金の補給が同時の時は、支払い報告時の仕訳と補給の仕訳をまとめて行う。

 

仮に会計係が小口現金係から文房具代(消耗品費)100円の支払報告を受け、同時に小切手で補給した場合を考えてみると…

①支払い報告時の仕訳

(消 耗 品 費)100 (小 口 現 金)100

②支払い報告時の仕訳

(小 口 現 金)100 (当 座 預 金)100

II

③同時の仕訳

(消 耗 品 費)100  (当 座 預 金)100

上記のように①の貸方の小口現金と、②の借方の小口現金が相殺されてまとまりまる!🎉

 

 

・今まで出てきた勘定科目のまとめ

では本日は、またまた新しい言葉を学習していきます!

本日のテーマは約束手形です!

約束手形を振り出した時

そもそも約束手形ってなに?

約束手形とは、定めた日付にいくら支払うという約束を記載した証券のことを指します。

約束手形の見本♫

掛け(いわゆるツケ)の支払期日は取引から約1ヶ月後ですが、約束手形の支払期日は取引から2〜3ヶ月後でもOKです。

支払い日を調節したい場合に便利なシステムというわけですね!

ちなみに約束手形を振り出した人を振出人、約束手形を受け取った人を受取人または名宛人と言います!

 

約束手形を振り出した時の仕訳

事例を見てみます。

トド(株)は、カサゴ商事から商品100円を仕入れ、代金は約束手形を振り出して渡した。

約束手形を振り出した場合は、買掛金と同様で後で支払う=負債が生じます。

約束手形は、支払手形という勘定科目で処理します。

 

つまり仕入が生じる=費用増加=借方(左)支払手形による負債の発生=負債増加=貸方(右)となります。

よって仕訳は以下のようになります。

(仕 入)100   (支 払 手 形)100

どんどんいきましょう〜♪

約束手形を受け取った時

 

約束手形を受け取った時の仕訳

事例を見ていきましょう♪

トド(株)は、ペンギン株式会社に商品200円を売り上げ、約束手形を受け取った。

約束手形を受け取った場合は、売掛金と同様と同様で後で代金を受け取る権利を得るという扱いになります。

つまり現金と同じような扱いになるので資産に分類されます!

 

また約束手形を受け取った場合、受取手形という勘定科目で処理します。

 

よって売上が上がる=収益増加=貸方(右)受取手形を手に入れる=資産増加=借方(左)となるので仕訳は以下のようになります!

(受 取 手 形)200   (売 上)200

 

約束手形の代金を受け取った時

先程の事例で、支払期日に約束手形の代金が当座預金口座に振り込まれた場合を考えてみましょう♪

 

この場合、受取手形が消失してその分の代金が当座預金に入金されることとなります。

つまり、受取手形がなくなる=資産がなくなる=貸方(右)、当座預金で代金を受け取る=資産増加=借方(左)に仕訳します!

(当 座 預 金)200   (受 取 手 形)200

本日の学習は終わりです〜♪
確認テストをして終わりにしましょう!

確認テスト♪

では確認テストをして終わりましょう!

答えは一番最後にございます💓

Q1.次のA社の一連の取引について仕訳しなさい。

 

⑴商品1000円を仕入れ、代金は約束手形でを振り出して渡した。

 

⑵⑴の約束手形の代金を当座預金口座から支払った。

 

⑶商品1800円を売り上げ、代金は先方振出の約束手形で受け取った。

 

⑷⑶の約束手形の代金を受け取り、直ちに当座預金へ預け入れた。

 

 

回答欄

 

 Q1

 

借方科目金額貸方科目金額

それでは本日もご覧いただきありがとうございました!

 

次回は電子記録債務について学習する予定です♪

それではまたお会いしましょう👋

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援お願いします♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA