・:*+.\ Amazonでタイムセール開催中!/.:+

YouTube上にある有名な難しい暗号がある!?WebdriverTorsoの正体とは?

YouTube上に存在する大量の謎動画について

みなさまこんにちは!

(おそらく)コナンの次に暗号が大好きなamuuです👓

さて、世の中にはさまざまな暗号が転がっており、YouTube上においても例外ではありません。

そこで本日は、YouTube上で有名な謎の暗号【Webdriver Torso】の暗号についてご紹介したいと思います!

Webdriver TorsoというYouTubeチャンネルは2013年に開設され、謎の暗号動画をUPしているチャンネルとして有名になりました。

一時期大きな話題を呼び、イギリスのラジオやオーストラリアのニュース番組で取り上げられたほど有名だったそうです。

こちらのチャンネルは、意味不明な暗号動画のみを上げ続けているにもかかわらず約21万人(2022年1月現在)の登録者を抱え、今も少しずつ登録者を増やし続けています!!

そこで本日は、このWebdriver Torsoの暗号について詳しくまとめてみました🧩

謎の暗号世界へレッツゴ〜!!💓

WebdriverTorsoの暗号動画はどんなもの?

まずはこちらの動画をご覧ください。

こちらは、WebdriverTorsoの動画の中で2022年1月現在最新のものです。

ちなみに、WebdriverTorsoの動画の大半はこのような図形と、まるでメロディのようなピーという音のみの10秒ほどの組み合わせ映像が占めています。

2013年から開始されたこの動画は、なんと累計7万本以上も配信されており、ものすごい量です。

よって全て見尽くすことは現時点ではかなり難しいと思われます。

ではWebdriverTorsoの動画を見ていただいたところで、続いてはこの謎の暗号のような動画に関するさまざまな諸説を見てみましょう!

WebdriverTorsoの正体は諸説あり?

https://www.youtube.com/channel/UCsLiV4WJfkTEHH0b9PmRklw/videos?view=0&sort=dd&flow=grid

ではまず、このWebdriver Torsoの正体について、囁かれている様々な説をまとめていこうと思います!

新しいゲーム説

こちらはWebdriverTorsoがチャンネル開設直後に囁かれていたようですが、ゲームにしては単調すぎるような気がしますよねぇ…😓

パズルとかならもしかするとあり得るかもしれませんが、それにしては音も図形の場所もランダムに表示されています。

結論:この説はただの噂である可能性が高め!

マーケティングの一種ではないか説

この説は、先ほどのゲーム説よりは可能性があると考えます。

実際、赤色は衝動買いを誘う色、青は予算内の顧客を掴みやすい色として知られており、その他の色にも心理学的に購買意欲を誘う効果があることが知られています。

また、マーケティング手法としてサウンドマーケティングと言う手法は知られており、従来の言語や視覚による表現方法に加え、聴覚もマーケティングに影響することが知られています。

WebdriverTorsoのチャンネルで商品などは紹介されていないので、どこかの企業や個人による動画のチャンネル登録者数や再生回数を増やすためのマーケティング実験という可能性はありそうですね!

結論:マーケティング実験の可能性は否定できない。
この動画を収益化しているならば、このマーケティング手法で収益を得られているのかも?

秘密組織のやりとり暗号説

こちらの説は、WebdriverTorsoチャンネルが開設されてまもない頃に囁かれていた説のようです。

ただ、秘密組織のやりとりだとすると、かなり大胆すぎる気がしますねぇ💦

それとも逆に目立つYouTubeにUPすることで「まさかYouTubeで秘密取引はしないだろう」と、みんなが思い込むことを逆手に取った可能性もあるかも…?

結論:秘密取引にしてはちょっと大胆すぎる。おそらくただの噂!

品質評価用のテストデータが外部に漏れた説

こちらはかなり現実的な内容であり、有力な説だと言われています。

ニューヨークのソフトウェアテスター:バーガスさんと言う方が「この動画を見たことがある」と話したことから、この説は浮上しました。

バーガスさんにると、セットトップボックス(ネット経由でテレビ番組を配信するための機器)用にヨーロッパのソフトウェア開発企業がプレゼンテーションしていた内容と、この動画がそっくりだと言うではありませんか👀

また、バーガスさんは「YouTubeにアップされている動画量の多さと、YouTubeにアップされているという事実を考えると、おそらくどこかの企業が自社ソフトの動作とYouTubeでの映像圧縮の仕様を検証するためのものではないか」と語っています。

しかし、どこの企業もこの動画を作成・アップしたことを認めていないようですので、この説も事実かどうかの確認は取れていません。

結論:この説は今の所一番濃厚!しかし確証はない。

1つ気になること

これは個人的に気になったことなのですが、一番最新の動画を2倍速で聴くと、聞いたことのあるメロディが聞こえてきませんか…?

ついでに言うと、時々童謡のメロディに聞こえる動画があるんですよねぇ…

ま、気のせいだとは思いますが気になったので書いちゃいました😑
興味がある方は2倍速でぜひ聞いてみてください💓

まとめ

さて、本日はYouTube上に存在する謎多き動画チャンネルWebdriverTorsoについてまとめてみました!

長くなりましたので少しまとめます!

  • WebdriverTorsoは登録者約21万人、動画数7万本以上を誇る謎多き人気チャンネルである
  • WebdriverTorsoの正体については諸説あり、新種のゲーム説、マーケティング説、秘密組織の暗号説、テストデータが漏れた説などがある
  • WebdriverTorsoの正体について、今の所真相は明らかになっていない
  • WebdriverTorsoの動画の中には、早送りすると聞き慣れた音楽や効果音に聞こえるものがある

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

またお会いしましょう👋

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ランキング参加中です

よろしければ応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA