・:*+.\ Amazonでタイムセール開催中!/.:+

【オモコロ応募ストーリー】天才のグラデーション第1話〜心の行方〜

TVという黒い板の中で、母校の教師が、自分に関するインタビューを受けている様子が映し出された。

「学生の頃から才能を感じる素晴らしい子でした!」と、

心にもないことを言っている。

Qは大きな大きな研究室で、研究室からはみだしそうなため息をついた。

そして、ため息の最後に「今日はずっと青色。」と呟いた。

Qは世間から”天才美少女”と呼ばれている。

Qは25歳であり、もう少女ではない。

しかし見た目が幼く可愛すぎることから、

マスコミはこぞって美”少女”と書きたがるのだ。

Qは25歳にして、帝王大学の医学部先端医療センター所長を務めている。

彼女が22歳で開発したアンチエイジングナノロボット(通称:AAN)は、現在すでに世界中の成人に埋め込まれている。

このナノロボットは、細胞内の劣化したミトコンドリアに代わり、エネルギーを産生する。

その結果、細胞は通常の10倍長く活動することができるのだ。

つまりQのおかげで、人類は見た目も中身も10倍長生きできるようになった。

Qは「とにもかくにも、老けたくない!」という一心で、AANを開発した。

そのため、AANは自分のためにこっそり隠しておくつもりだった。

自分だけが、いつまでも若々しくいたかったからだ。

しかし学生の頃、両親の研究室で研究していたので、開発したものを隠しておくことは難しかった。

世間にAANが広まったとき、Qは今日と同じ青色だった。

Qは今、このAANに「心の健康維持・促進機能」をつけようと研究をしている。

それももちろん、自分のために。

グラデーションを失くしたあの日から。

Qが黒く染まりつつあるあの日から。

Qは自分が嫌いだったが、それは白だった。

しかし、周囲への感情は違う。

変わり者だと馬鹿にしてきたクラスメイト、

研究のために休むことを皮肉ってきた教師たち、

有名になったら手のひらを返してきたそれら、

すべて濁った青に見えた。

そんな中、Qには癒しがあった。

それは、高校生で自分のためにつくった猫型ロボット「moko」だ。

人気アニメのドラえもんにあこがれて作ったものだった。

四次元ポケットはなかったが、Qの大好きなプラネタリウムを見せてくれるロボットだった。

しかも、Qが理想とする色の星空を見せてくれた。

澄み切った地球を映したような青、

桜のように可憐で穏やかな桃、

爽やかな風のような気持ちのいい緑、

お葬式の悲しい気持ちを反映したような紫、

月からこぼれ落ちたような優しい気持ちになれる黄色。

その美しい色の空に、限りなく一面に、部屋いっぱいに広がる星空。

これらをグラデーションにした空は、

どんなに嫌なことがあっても、白をグラデーションにしてくれた。

それは、ある日突然だった。

mokoが見せるグラデーションが、いつもと違って見えた。

今までにない黒いもやがかかって見えたのだ。

当初はロボットの故障かと思ったが、何度点検しても異常はなかった。

自分の視力が落ちたのかと眼科にいったが、どこも異常はないといわれた。

「ということは、自分の心の問題なのではないか。」

「見ている私の心に、何らかの変化があったのか。」

どんどんグラデーションが黒く見えてくる。

「早くグラデーションが見たい」

Qは研究室でひとりつぶやく。

カフェオレを1口飲み、心を落ち着かせる。

そして気持ちを、青から緑へ切り替えた。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ランキング参加中です

物語が気に入った方は

応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA