【オモコロ応募ストーリー】天才のグラデーション第2話〜猫を飼う〜

「さて、どうしようかな〜」

ANNの設計図を見つめながら、Qは頭を抱えていた。

Qはずっと透明だった。

周囲の「無理だ」という黒い意見を無視し続け、

自分を蹴落とそうとしてくる黒い人を無視し続けてきた。

だからこそ、天才と言われるほどの研究成果を上げてくることができた。

そしてやっと、透明から白になれた。

しかし、心というのは「誰かと関わること」で変化するものだ。

Qは今まで、深く人と関わってこなかった。

他の人には赤(#dc143c)や黄色(#ffd700)、橙色(#ff4500)など様々な色がある。

研究室には自分と研究補助ロボットしかいない。

ただひたすら、一人で、研究を続けてきた。

Qは初めて、研究に行き詰まりを感じていた。

「猫を飼ってみようかな」

そんなことを思ったのは、マンションの駐車場の隅っこで

捨てられていた子猫を見つけた時だった。

生き物は苦手だったが、猫だけは、

なぜか好きだと感じていた。

猫に対してなら、もしかすると桃色や赤色になれるかもしれない。

人に対しては、絶対に抱けない感情を持てるかもしれない。

mokoの代わりに、この子が別の色を見せてくれるかもしれない。

Qは脊髄反射のように、猫を家へ連れて帰った。

猫には、Qが開発したロボットmokoと同じ「モコ」という名前をつけた。

モコはQが帰ってくると、綺麗なブルーの瞳で見つめながら出迎えてくれた。

Qはモコと見つめ合うと、心が軽くなる気がした。

「モコの目の色は、今までのどの青より美しい」

Qはmokoに、モコの目の色を登録することにした。

その日からQは、モコの目の色の空で、

プラネタリウムを楽しむことができるようになった。

つづく

にほんブログ村 にほんブログ村へ

ランキング参加中です

物語が気に入った方は

応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA