雨穴さん「変な家」の考察の続き【あとがき】

変な家にはあとがきがある!?

みなさまこんにちは!

先日大好きなYouTuber雨穴さんについての記事を書かせていただきました✨

雨穴さんは大人気YouTuberでして、動画更新頻度が数ヶ月に1回にも関わらず、その更新を楽しみにしているファンが数多くおられます。

もちろん筆者もその一人です♪

雨穴さんをご存知ないという方、まだこちらの記事を読んでいない方は前回の記事を是非ご覧ください💓

と言いますか、私の記事を見なくても雨穴さんの動画だけは見てほしい!笑

ミステリーや、世にも奇妙な物語などが好きな人は、きっと引き込まれる世界観です。

そして、そんな大人気YouTuber雨穴さんのTwitterに気になるツイートが投稿されました。

それがこちらです。

さて、この話と変な家にどんなつながりがあるのか筆者の考察を踏まえて書かせていただきます。

まずは前回の記事に書かせていただいた「変な家」についての私の考察を振り返った後で、この話について語らせて頂こうと思います。

ちなみに筆者は、雨穴さんの本がまだ手元にありません(売り切れのため)
 
Amazonで先日注文しているのですが、8月17日まで入荷しないそうでして💦 

ですので真実を知っている方は、ああこんな考え方をするんだな〜ぐらいの優しい気持ちで見てもらえると嬉しいです笑

(9/12)追記:本10回ぐらい読みました!めちゃくちゃ良かったです〜😭💓
そして、あとがきについて追記したのでよろしければ…

「変な家」の筆者の考察

この不動産ミステリー変な家は、奇妙な家の間取り」について、この家の購入を考えている柳岡さんから相談を受けた雨穴さんが、設計士の栗原さんに相談したことから始まる、謎多きストーリーが描かれています。

この動画内では栗原さんが、「この家は子供に仕事をさせるための殺し屋の仕事場として建てたのではないか」という予想を立てています。

そしてその意見を受け、私のこの動画の考察を述べさせていただきます。

※前回の記事ではもう少し簡単に書いていましたがもう少し細かく書いてみました。

この間取りで大きなテーマの一つですが、

子供を隠すように作られた子供部屋=子供をみられたくない理由がある

というのは間違い無いでしょう。

しかし仮に子供に殺し屋の仕事をさせていたとしても、子供を見られただけで犯罪をさせているとバレてしまうことは普通ないですよね?

子供を一眼見てこの子はおかしいと見抜ける人なんているでしょうか?

しかも、この動画内では不動産屋さんに家族構成(夫婦と子供1人)がバレていることを考えると、不動産屋さんは実際に子供を見たことがあるのではないかと思うのです。

わざわざこんな家まで建てているのに、子供と外を出歩くなんて不自然ですよね。

では、なぜこんな子供を隠すように作られた子供部屋を作ったのか?

そう考えると、一つの結論が見えてきます。

そもそもこの子供は本当に1人しかいないのでしょうか?

そうです。私は2人子供がいて、1人だけが監禁されていたのではないかと考えました。

そして1人は実子ではなく、何か事情があって預かっている曰く付きの子供であり、子供は出会った人に危害(もしくは呪いとか)を加えてしまうような何か異常を持っている。

だから隠しておかなければいけない。

上記のように考えました。

ではこの予想を踏まえた上で、Twitterのお話を見てみましょう。

新しく投稿された「柱の傷」の考察(8/12の時点)

ではもう一度、このTwitterを見てみましょう。

私はこのTwitterを見た時、自分の「変な家」の考察はあながち間違っていないと思いました。

このTwitterに書かれている「柱の傷」の内容を要約します。

内容は、雨穴さんが知人から聞いた不思議な話についてです。

その知人は子供の頃に柱に傷をつけて、自分の身長を記録していたそうです。

しかし、高校生の頃ふとその傷に違和感を覚えます。

その知人が傷をつけた覚えのない別の柱にも傷がついていたというのです。

知人は一人っ子で、他に傷をつけて身長を記録すような人はいないはずなのに。

そこで母親に柱の傷について尋ねたものの、母親はそんな傷は知らないと言ったそうです。

しかし知人は、柱の傷について聞いた時に母親の顔に一瞬緊張が走ったのを見逃さなかったそうです。

そしてこの家は3年前に建て替えたので柱はもうなく、その謎は謎のままとなってしまいました。

簡単にまとめるとこんな感じです!
Twitterの本物はさらに臨場感があって面白いので、ぜひ読んで見てください!

さて、では本題と参りましょう。

もうこの時点で気づかれている方は多いと思いますが、おそらくこれは「変な家」のあとがきです。

そう、やっぱりあの変な家には子供が2人いた

そして、そのうち1人はこの知人(=実子)すら気づかないほど家から出てきたこともなければ、姿を見せることもなかった。

ただ、このもう一人の子供を隠している理由については謎のままなんですよねぇ…。

曰く付きの子供というのは間違い無いと思うのですが、どんな曰く付きなのか、その背景やストーリーは謎に包まれています。

雨穴さんのライターとしての記事も非常に面白いです!

動画とはまた違う魅力がありますので、よろしければそちらもご覧ください♪

雨穴さんの興味深い記事はこちら!【オモコロ】雨穴さんが書いた記事

大人気の本はこちらです!

電子書籍もありますが、私はやっぱり紙の本がいいな〜と思いこちらは普通の本を注文しました!

本を読んで「柱の傷」の考察(9/10追記)

何度も読みすぎて表紙のカバー外しちゃいました笑

本は非常に奥行きがあって面白かったです〜!
ですがあとがきについてはちょっと考察違いをしていたようです。

おそらくこの「柱の傷」は、書籍版:変な家に登場する別家族目線のお話です。

ものすごく考察を話したい!!笑

でも雨穴さんの本はどんどん売れて欲しいので、策を編み出しました!

というわけで、ここからは書籍を読んだ方ならわかる、パスワードをつけました🔑

「書籍:変な家」に住んでいた家族の妻の下の名前をローマ字(小文字)で書いたものがパスワードです✨

私のこの記事をみてくれる方は1日のうち100人も居ないので大丈夫だと思うんですが…
あんまり見る人が増えるようならこの項目は消します!
 
まあ本のネタバレも一部なので大丈夫だと思うんですけど…😓

上記の秘密の記事が見れない方は、よろしければこちらの記事もどうぞ💁🏻‍♀️

雨穴さん「中古住宅で発見された、不気味なビデオテープの正体」の考察

またまた長々と話してしまいました💦

雨穴さんファンはコメントお待ちしております💓

それではまたお会いしましょう👋

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

応援お願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA